星図にない星

鉱物・化石、多肉植物・サボテンのブログになる予定

一番最初の蛍石。

fluorite19

鉱物データ fluorite(蛍石)
分類 ハロゲン化鉱物
化学組成式 CaF2
結晶系 等軸晶系
外観色 無色、灰褐色(微量に含まれる希土類元素により変わる)
条痕色
光沢 ガラス光沢
モース硬度 4
比重 3.01~3.25
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 立方体、八面体など
産地名 El Tule Melchor MusQuize Coahuila,メキシコ

一番最初に買った蛍石。

無色透明の結晶の外側に、薄い紫の結晶があります。

上から見ると無色透明だけれど、横から見ると縁に紫の線が入っているように見えます。

表面が幾何学的にでこぼこしていて、美しい以外の説明が出来ません。

お値段が安かったのもあって、「この石、集めよう」と思ってしまった。

いろいろ集めていくうちにわかったけれど、蛍石、結構お高い物もあるしw

泡泡泡…。

fluorite18

鉱物データ fluorite(蛍石)
分類 ハロゲン化鉱物
化学組成式 CaF2
結晶系 等軸晶系
外観色 無色、灰褐色(微量に含まれる希土類元素により変わる)
条痕色
光沢 ガラス光沢
モース硬度 4
比重 3.01~3.25
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 立方体、八面体など
産地名 Naica, Mun. de Saucillo Chihuahua, メキシコ

立方体の面取りをしたような形の無色透明の蛍石だけれど、中に泡が入っています。

一応、泡が見えることを優先して写真を撮ったのだけれど…見えるかなぁ?

どんな状況下で出来た石なのか想像すると楽しい。

写真の反対側に、燐鉄鉱のような赤い点がたくさんついているけれど…何でしょうね。

ジオラマのような。

fluorite17

鉱物データ fluorite(蛍石)
分類 ハロゲン化鉱物
化学組成式 CaF2
結晶系 等軸晶系
外観色 無色、灰褐色(微量に含まれる希土類元素により変わる)
条痕色
光沢 ガラス光沢
モース硬度 4
比重 3.01~3.25
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 立方体、八面体など
産地名 Blanchard Bingham, Socorro Co. New Mexico,アメリカ

う~ん、写真と実物ではずいぶん色が違うなぁ。

実物では、濃い水色なのだけれど。

蛍石の下に黒っぽい結晶(形と色から推測するに、磁鉄鉱?)があるので、その色が透けて見えるのかも。

かくれんぼ。

fluorite16

鉱物データ fluorite(蛍石)
分類 ハロゲン化鉱物
化学組成式 CaF2
結晶系 等軸晶系
外観色 無色、灰褐色(微量に含まれる希土類元素により変わる)
条痕色
光沢 ガラス光沢
モース硬度 4
比重 3.01~3.25
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 立方体、八面体など

 

鉱物データ sphalerite(閃亜鉛鉱)
分類 硫化鉱物
化学組成式 (Zn,Fe)S
結晶系 等軸晶系
外観色 純粋なものは白~黄色透明。不純物により褐色~黒色
条痕色 褐色
光沢 金剛光沢
モース硬度 3.5~4
比重 3.9~4.1
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 四面体、八面体、十二面体など
産地名 Gordonsville Smith Co. Tennessee,アメリカ

蛍石が出来る途中で、閃亜鉛鉱が出来ています。

完全に蛍石に内包されている物、表面についている物、その中間の物、色々あって楽しい。

蛍石自体は表面が紫色になっている透明の結晶だけれど、例によって写真では色が飛んでいます。

石の中には。

fluorite15

鉱物データ fluorite(蛍石)
分類 ハロゲン化鉱物
化学組成式 CaF2
結晶系 等軸晶系
外観色 無色、灰褐色(微量に含まれる希土類元素により変わる)
条痕色
光沢 ガラス光沢
モース硬度 4
比重 3.01~3.25
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 立方体、八面体など
産地名 Auglaize Quarry Junction,Ohio

石を割ったら、中に蛍石が詰まっていました、な感じで。

石の隙間に結晶が出来るパターンが多いので、よく見るタイプの石だけれど。

これは格別! すげー光ってるし!!

道端の石を割って、これが出てきたら腰を抜かすよなぁ。

もちろんこの石は、こんな石が産出する鉱山で掘られているのだから、知ってて割っているのだろうけれど…それでも、こんな綺麗なのが出たら嬉しいだろうなぁ。

ああ、割りに行きたい…。

お菓子のような。

fluorite14

鉱物データ quartz(石英)
分類 酸化鉱物(珪酸塩鉱物でもある)
化学組成式 SiO2
結晶系 三方晶系(低温型)
六方晶系(高温型)
外観色 無色、白色など
条痕色
光沢 ガラス光沢
蛍光 なし
モース硬度 7
比重 2.65
劈開と裂開 なし
断口 貝殻状
結晶の形 六角柱など

鉱物データ fluorite(蛍石)
分類 ハロゲン化鉱物
化学組成式 CaF2
結晶系 等軸晶系
外観色 無色、灰褐色(微量に含まれる希土類元素により変わる)
条痕色
光沢 ガラス光沢
モース硬度 4
比重 3.01~3.25
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 立方体、八面体など
産地名 中国

某オークションで買ったのですが、店主によると「盗掘を防ぐためか、産地を明らかにしない場合が多く、標本的価値はない」そうで。

しつこくてごめんなさい。

この手の石を見ると、お菓子とか…そんな感じの食べ物にしか見えないんですっ!

まあ、実際食べたら、ミネラル豊富だろうけれど。

水晶の上に蛍石が出来て、更にその上を水晶でコーティングされた状態になっています。

例によって色が飛んでいるので、実物の方が鮮やかなミントグリーンです。

強蛍光!

fluorite13

鉱物データ fluorite(蛍石)
分類 ハロゲン化鉱物
化学組成式 CaF2
結晶系 等軸晶系
外観色 無色、灰褐色(微量に含まれる希土類元素により変わる)
条痕色
光沢 ガラス光沢
モース硬度 4
比重 3.01~3.25
劈開と裂開 四方向に完全
結晶の形 立方体、八面体など
産地名 Rogerley Mine Frosterle County Durham England.

有名な、イギリスの強蛍光です。

蛍石は、紫外線のライトを当てると「光るものもある」くらいなのですが、これはビカビカ光ります。

紫外線ライトなんか使わなくても、日光でも光ります。

この石を手元に置いておいて、光ったらUVケアをするのも良いかもしれない…ことはない。

fluorite13-2

光らせると、こんな感じです。